「第三者求償」周知不足 実施に地域差、石川県は最小

2016年1月9日付の北陸中日新聞1面に下記の記事が掲載されました

「 国保請求漏れ年数十億円  交通事故治療、加害者側に 」

IMAG0073

 

わかりやすくいうと 国民健康保険が加害者側に対し請求してない
ことから このまま放置すると国保に加入する契約者に負担が
およぶおそれもあるので 内閣行政改革担当大臣は市町村にきちんと
請求するよう 指導に 乗り出した  とのことです

交通事故で自分の治療費を国民健康保険を通して
相手方損害保険に請求できる「 第三者行為による被害届 」が
全国で石川県は最小で 10000人あたり5人しか請求してないということです
全国平均は 10000人あたり12.5人だそうです  最多は宮崎県の47人

この 「第三者行為による被害届」とは自動車賠償責任保険 (通称 自賠責)
の支払限度額120万円に この制度をつかえば治療費を約半分におさえられる分
残りを入院での休業損害や慰謝料にあてることが出来て被害者にはたいへん
大きなメリットになります

詳しくはネットで 「第三者医療行為」 を検索ください
はなしが反れますが労災保険が使える場合はそちらが優先されるとおもいます